バイクを自由自在に操る方法

 

 

 

 

荷重移動でのウイリーのコツ

様々なバイクアクションがありますが、まずはウィリーから説明しましょう。
ウィリーにも2種類の方法があってここでは体を使った方法である、
ボディワークによるウィリーの仕方です。

 

 

まず、安全な広さのある場所で完全なスタンディングフォームを撮ります。
このタイミングではギアは1速か2速状態にし、トルクのある回転数を維持しましょう。
ゆっくりと前進しながらタイミングを決めてスロットルを閉じた状態で一気に前に体重を移動させよう。
ここで重要なのは上半身だけではなく腰の辺りから上全てを前に移動させる感じでやりましょう。
体重移動とスロットルが閉じたことによって、フロントフォークは大きく沈み込みます。

 

 

次に、体重移動とスロットルオフによる衝撃が和らいだ頃に
フロントフォークは元に戻ろうと伸び上がり始めます。
そのタイミングで今度は後ろに向けて腰を引きます、腕も完全に伸びた状態にします。
このときにスロットルを全開にします。

 

 

こうすることで後方への体重移動と後輪稼動反力によって前輪が浮き上がります。
後方へ体重を移動させるタイミングが重要となってくるため、
フロントフォークの動きを完全に読みそれに合わせてスロットルを開けるということです。

 

 

最初から成功するとは限らないため、まずは前輪タイヤを浮かせることを目標に
体重移動とスロットル操作を試して見ましょう。
怖い場合は、自転車を遣ってやってみるとコツを掴むことができるでしょう。
ウィリーは出来なきゃ困るテクニックではありません、そのことも十分理解しておく必要があります。

 

 

 

 

クラッチ操作でのウィリーのコツ

バイクアクションのウィリーについて、ボディワーク以外にクラッチを使った方法があります。
ここではクラッチ操作によるウィリー方法について見てみましょう。

 

 

ボディワークと違い、シートに座ったままで行います。
ギアは1速に入った状態でトルクを高めにしましょう。
シートに座った状態で体重をフロント側に移動させます、
その際にクラッチを切って回転数を高く維持します。

 

 

次にフロントフォークがのび始めた頃を見計らって、
体重を後ろに移動させながらクラッチを繋ぎます。
体重移動は腰を使うようにすればやりやすいでしょう。
クラッチを繋いだ瞬間にエンジン回転が一気に後輪に掛かるため、
負荷の軽くなった前輪が浮き上がります。

 

 

座ったままでの体重移動とクラッチのオンオフだけで出来るため、
比較的簡単に出来るウィリーです。
駆動系に負担をかける方法ではありますが、ボディワークよりはリスクが低いでしょう。

 

 

ウィリーしたあとは前輪が浮き出した後の操作となります。
前輪の浮きを維持したままで走行するためにはスロットルを段々と戻しながら
目標のウィリー角度でバランスを保つ必要があります。

 

 

この方法を使うことで市街地などで乗り越えることが困難な段差であっても、
比較的簡単に前輪を浮かせることが出来るので楽に乗り越えることが出来ます。
くれぐれも注意したいのは、ウィリーは絶対に必要なテクニックではないということです。
なんでもない公道でウィリーをしたりすると、周りの迷惑にもなりますし
事故を誘発することにもなりますのでやってはいけません。