バイクを自由自在に操る方法

 

 

 

 

ジャンプの技術を知ることは、決して無駄なことではありません

トライアルやモトクロスをやるなら話は違いますが
普通に市街地を走行したり、通勤に通学に使ったり
ツーリングに行ったりとバイクを楽しむ際に
ジャンプという技術は全く必要ありません。
絶対にできなければいけないというテクニックではありませんし
実際にバイクに乗っているという人でもジャンプなんかしたことないよ
という人がほとんどではないでしょうか?

 

 

しかし、ジャンプの技術を知ることは、決して無駄なことではありません。
なぜならジャンプの技術を知ることでオンロードを走行中に
急な段差が現れても慌てずに走行をすることが可能です。
また車体をコントロールするノウハウも学ぶことができるからです。

 

 

ジャンプの方法

1.腰を低く構えて、加速気味で踏み切りへ入る
2.スロットルをやや開ける、または腰を後ろ側へ引いてフロントを持ち上げて離陸する
3.スロットルを閉じ気味にして腰を前方へ移動させ着陸に備えます
4.リア→フロントの順に着地できるようにする
5.ひじとひざで着陸のショックを吸収し、スロットルをあけて加速して車体を安定させる

 

 

注意がしたいのは、かならずフロントから着地しないということです。
ジャンプしたあと、体にかかる衝撃はかなり大きいです。
バイクの車体重量と自分の体重分がかかるのですから
万が一失敗すると大事故に繋がりかねません。

 

 

フロントから着地をしてしまうと、前のめりに大転倒してしまいます。
かといって、リアだけで着地をしてしまうと
後輪だけで衝撃を受けることになり、車体が不安定になりやすいです。

 

 

そこで、ジャンプをしたら空中で車体がほぼ平行になる状態まで持っていき
リアが着地して一瞬遅れでフロントが着地するようにしてください。
これでショックも分散でき、車体も安定させることができます。

 

 

 

 

アクセルターンとブレーキターンのコツ

バイクのターンには大きくわけて3種類の方法があります。

 

 

アクセルターン

左へ曲がりたいなら左へ、右へ曲がりたいなら右へ
フロントタイヤはイン側いっぱいに切り
バイクの重さで車体を傾ける感じで回転数をあげ
ポンとクラッチを離したらリアタイヤを空転させましょう。
アウト側の足をステップに載せ、ニーグリップ。
イン側の足は一瞬浮かせてから前方へ踏み出します。
ブレーキは一切使わずにターンします。

 

 

ブレーキターン

時速20km〜30kmなど低速で走行中の場合には
クラッチを切ってターンしたい方向に車体を傾けます。
同時にリアブレーキを思い切り踏んでリアをロックさせます。
リーン・アウト気味のフォームでアウト側の足をステップに載せて踏ん張り
ハンドルはイン側に切って曲がります。
同時にクラッチを切ったらリアブレーキを強く踏んで、後輪をロックさせて滑らせます。
これで力を使わずにバイクを起こすことができます。

 

 

傾斜を利用してターン

登り傾斜になっている路肩にバイクの前半分を乗り上げます。
クラッチを切って車体がずり落ちるのにタイミングを合わせて
ハンドルを切り返してターンをすると簡単です。
この方法ならタイヤも減らず、特別な技術も必要ないのでとても簡単です。

 

 

道路状況などに合わせてターンの方法を選ぶのが上級者。
アクセルを使ったターンは林道などでよく使われますし
走行中にターンをしたいときにはブレーキを使ったターンが便利です。