バイクを自由自在に操る方法

 

 

 

 

荷重移動に角をつくらない。滑らかな抜重と加重を心がける

S字コーナーは左右への連続したコーナリングです。
これまでのコーナーへの入り方、そして立ち上がりを連続して行うことが必要になります。

 

 

では、右コーナーから左コーナーへのS字を例にすると、
右コーナーを立ち上がってきたところで全開にしてきたスロットルを軽く閉じます、
全閉にする必要はなくあくまでも駆動力を確実に抜くためのものです。
そうすることで、バイクの起き上がりが目に見えて早くなりますから
左コーナーへの切り替えし中もタイヤのグリップ力が維持できます。
スロットルを閉じたことをキッカケとして、ステップワークで切り回しを開始し
目線が左へ移動した辺りでスロットルを開くようにすれば
スムーズに体重をシートへのせていくことが出来ます。

 

 

この流れを同時に行い左への切り替えしが始まることになります。
目線が左へ移動した辺りから一気に左へバンクさせます、
注意すべきは中央付近で体重移動をとめないことです。
右から左へと切り返す動作の中で起き上がってきたバイクの勢いを止めることになると、
切り替えしが上手くできずS字を抜けることが出来なくなります。

 

 

スムーズに左へバンクしたらそのまま目標の角度までバンクさせ、
シートへ体重を乗せながらスロットルを開けましょう。
シートへ荷重する際には一気にドスンと行かないことが重要です、
荷重は常に100%バイクに掛かった状態でスムーズに向きと位置を移動させる
これがS字コーナーでの最も重要なポイントとなります。

 

 

 

 

無意識のうちに実践している操作

ハンドルを倒してのコーナリングは危険を伴うため、
出来る限り避けるべき手法ではあるものの
無意識のうちに実践している可能性もあるためその方法を3つ紹介します。

 

 

曲がりたい方向と逆方向にハンドルを切る

例えば、右コーナー倒しこみでリアが外側へスライドを始めたときに
ハンドルを左に切れば、バイクは自然と右へ曲がろうとします。
アテ舵(カウンター)と呼ばれる方法で、具体的には急にハンドルを切るとバイクが一気に倒れてしまうため、
右に回るときは左グリップを前に押し出すようにすれば良い。
右グリップを手前に引くことでも左へ曲がることは出来ますが、
力加減が難しいためオススメではありません。

 

 

イン側グリップに荷重する

曲がりたい方向のグリップに荷重する方法で、傾ける側の
グリップに力をかけることになります。
この方法はハンドルを切るような動作ではなく単純に荷重するということと、
ハンドル操作とは分離して行わなければならないことです。
この方法とアテ舵を併用することも可能となります。

 

 

ハンドルを引き倒すように倒しこむ

左右どちらのハンドルを使用してもよいが、倒すべき方向にハンドルを引き倒します。
この方法は単純に横方向ではなく、傾いていくバイクの回転運動を見ながら
それに合わせて前後から見ると円を描くようなトレースに近い力のかけ方が
必要になってきます。
1,2に比べると非常に難易度の高いテクニックとなります。

 

 

ハンドルを使ったコーナリングには上記のように基本3つの方法があり、
これらを組み合わせることで高度なコーナリングが可能となります。