バイク コーナリング

 

 

 

 

コーナリングで重要なのがバイクの倒し込み

コーナリングで重要なのがバイクの倒し込みです。
バイクを寝かせた後で、あれこれ操作をしようとしても
ここまできてしまうと、改めてバイクの操作をすることはできません。
ギクシャクとした働きになってしまいます。
コーナリングはバイクの体重移動で行うため、この倒し込み方で
上手に曲がれるかが決まるのです。

 

 

コーナーに入る前、一般的な状況であればブレーキをかけていると思います。
そしてこのブレーキを離す瞬間からバイクの倒しこみを行います。
スロットルオフで減速をした場合には
いつからバイクを倒すのかタイミングを掴み難くなります。
倒しこみのポイントを上手く掴めるまでは
まずブレーキで減速をしてからバイクを倒すタイミングを探してください。
しっかり体でブレーキングのタイミングを掴めるようになりましょう。

 

 

倒しこむ瞬間には、イン側のステップを踏むことです。
イン側のステップには小指の付け根付近を載せて、下ではなく、車体方向
つまり斜め下に踏み込むイメージです。
腕の力を使って車体を傾けようとしてはいけません。
腕の力を使って車体をコントロールしようとすると、バイクが曲がり難くなり
瞬間的にスリップをしたりバイクの安定性が悪くなり転倒の原因となります。

 

 

上級者の方法としてはあらかじめブレーキング終了時に合わせてイン側に体を移しておくというものがあります。
タイヤにショックがないのでスムーズにコーナリングできます。
直進するときにはアウト側に体重青かけてバランスを取りましょう。
ただし、これは普通のコーナリングができるようになってからのことです。
コーナリングが苦手な人はまずは普通の曲がりくねった道を乗れるようになってから試してみてください。

 

 

 

 

体重をイン側にかけた結果として、体がインに入る感覚が重要

バイクを倒すときに、イン側に体重をかけてやると、自然に体がイン側に入ります。
この動きが大切です。
体をインに入れて、体重をかけようとすると、お尻が動き不恰好な乗り方になります。
体重をかけた結果として、体がインに入るのであって
体をインに入れて体重を移動するのではないのです。
この関係を頭においてコーナリングの感覚を掴んでください。

 

 

この動きを体で覚えたら、さらにここから体をインに入れるという動きに移行できます。
このときに移動するのは腰から背骨が弓形に張り出すようにします。
肩から入るとへっぴり腰の乗り方になり、頭から入ると突撃するような不恰好な乗り方になります。
頭は車体中心からあまり動かないように、腰(わき腹)だけを移動させるようにします。

 

 

またこの腰の移動は道路に対して平行に行います。
イン側に倒すことを意識しすぎて、体を斜めに倒そうとすると
不自然な動きになって危険です。
バイクが傾いていれば自然に斜め方向に体は落ちていきますが
気持ちの上では平行を念頭において腰を動かしましょう。

 

 

なぜ腰をイン側に入れるのかというと
同じスピードでコーナーに入ったとしても人とバイクを含めた重心が
大きくイン側にずれることによって、バンク角に余裕ができるからです。

 

 

こうした腰の使い方をしていれば、イン側の足はステップ方向に自然に開き気味になります。
無理にタンクを押す必要も、わざと開く必要もありません。
また、腰が移動したときに車体がぐらぐらするのであれば
それは上半身に力が入っているからです。
基本を思い出して、体重は後方に、上半身はリラックスの姿勢を守ってください。