バイクを自由自在に操る方法

 

 

 

 

人間が操作して曲げるのではなくバイクに曲がらせる感覚

コーナリングをするときに、目的の角度まで体を傾けたあと
そのまま体重を掛け続けてしまうと、当然イン側に転んでしまいます。
かといって、ハンドルをイン側に切ってしまったり
これも転倒の原因になってしまいます。

 

 

バイクが目的のところまで傾いたら、次は体の力を抜くのが正解です。
自然に力を抜くだけであとは自然にバイクがコーナーを走り抜けてくれます。
力を抜くタイミングはほんの少しだけ目的のところの手前がコツです。
車は急に止まれないと言うように、動いているものが止まるには
多少のタイムラグが必要です。
バイクの体重移動も同じで目的のところまで本当に到達してしまってから
力を抜くと、タイムラグで目的の角度より深くなってしまいます。

 

 

体重を抜いたあとの、体重はどこにかければよいかというと
アウト側のステップかシートになります。
ただしこのときも、全ての体重を乗せてはいけません。
イン側にも少しだけ体重を残しておかないと
万が一、不測の事態が起きたときに、スムーズな切り替えができなくなってしまいます。

 

 

このように運転をすれば、自然とハングオンに近い乗り方になります。
ただし安全性を重視しなければいけない公道ですから
極端にハングオン体勢になるのは大きな間違いです。
事故の元になりますから、安定して走行するのが第一の目的です。

 

 

どれだけバンク角を深くできるか、膝がこすれる!なんてアピールしたいのであれば
参考にならない走り方です。
くれぐれもこういった危険な走行は避けるようにしてください。

 

 

 

 

コーナーの立ち上がりに意識することとは?

コーナーから出て、立ち上がりをするときに無理矢理バイクを引き起こすのは危険です。
ハンドルに力が入れば入るほど、不自然な体勢になります。
またコーナーから出たあとはスピードが出るので、無理な姿勢をしていると
事故につながりやすくなるので注意が必要です。

 

 

バイクを立ち上がらせるとき、することは実のところありません。
スロットルを開けていき、オンの方向のみに回転させれば
車体が安定するので自然に車体が起き上がっていきます。
駆動力で自然に立ち上がるのが理想ですから、無理な動きはしないようにしましょう。

 

 

ただし、フルバンクしているときに、急にスロットルを開けると
リアタイヤがスピンしやすくなります。
ここでも基本に忠実を思い出し、スロットルはジワ〜と開けていくようにしてください。

 

 

同時にイン側の体重が抜けて車体中心に脚力を使って元に戻しましょう。
これでバランスが取れますから安全にコーナーを曲がりきることができます。

 

 

スロットルを途中で開け閉めしたりすると上手に立ちあがることができません。
バイクの種類によっては例外もあり
スロットルをあけただけでは立ち上がらないものもありますが
一般的なバイクであればこの方法が一番間違いありません。

 

 

ちなみにスロットルを開ける理由ですが
多くの人は加速をするためだと思っています。
しかし実際には車体を安定させるためというのが一番の理由になります。
レースを走っているのであれば、タイムが重要なので一気に加速する必要がありますが
一般道路の走行であれば、安全性が最も重要です。
ジワ〜と少しずつ開けるようにしてください。