バイクを自由自在に操る方法

 

 

 

 

スポーツとしてのバイク バイクの操り方基本編

バイクに乗り始めて、少しずつバイクに慣れたけれど、峠を走ると恐くて仕方ない。
これではスポーツとしてのバイクを楽しめません。

 

 

なぜ恐怖心を感じるのか?
それは危険な乗り方をしているから、恐怖を感じるのです。
恐さを無理に押し殺してコーナリングをしていると
大きな事故に繋がる危険性が高くなります。
恐いのは本能的に危険を察知しているから。
だから恐くない、安定感のある走りをすればよいのです。

 

 

安定感のある走り=のろのろ運転ではありません。
のろのろ運転をしていても、間違ったライディングフォームをしていれば
転倒する危険性はありますから、危ないです。

 

 

変なところに力が入っていて、スムーズなハンドルさばきができていない。
変な体重の掛け方をしていて、車体が安定していない。
こういう走り方では、恐怖感が抜けることはありません。

 

 

峠などコーナリングが多いところを走行する際には
何より丁寧に走ることが大事です。
早く走ろうとか、カッコイイ走り方をしようというのは
ひとまず脇によけておきましょう。

 

 

両足でしっかり車体をホールディングし、肩の力を抜いて
下半身の体重移動でバイクを操りましょう。
基本の動きがしっかりできていれば、安定した走りができます。

 

 

加速や減速をするときには、ジワーっと操作をしましょう。
倒し込みでも全ての操作をジワッと行います。
体重の移動をし、安全を確認しながら
全ての操作を維持するのは難しいです。
これが基本であり上級者の走りです。

 

 

 

 

スポーツとしてのバイク ブレーキング編

コーナリングが連続して、ブレーキを頻繁にかければかけるほど
体は徐々に前傾姿勢になり、フロントタイヤへの荷重が増えてしまいます。
しかしこれではバランスを崩しやすくなり、満足な走行はできません。
なぜなら、フロントタイヤに体重がかかればかかるほど、リアタイヤへの
荷重が減ってしまい、グリップ力が落ちてしまうからです。

 

 

では、どうすればいいのか?
答えはとてもシンプルで簡単な方法です。
意識的に体重をリアタイヤにかけてあげればよいのです。

 

 

まずはできるだけフロントにかかる体重を減らすように意識してみましょう。
リアが浮き上がるのを抑えれば、自然にフロントフォークはストロークします。
下半身でしっかりバイクの車体を支えたら
腕はハンドルに軽く添える程度の配分を意識します。
上半身が自由だと、どんな操作も思いのまま行うことができるので
どんなコーナーでもスムーズに曲がることができます。

 

 

これはプロのライダーでも難しい技術です。
トレーニングをするしかありません。
リラックスした状態で、気持ちを落ち着けて
ゆっくり確実に制動することを意識して走行してください。
繰り返し練習することで徐々にコーナリングが安定してくるはずです。

 

 

コツとしては、体自体を後方に移すテクニックもあります。
こうすることで体重は自然にリアタイヤにかかりますし
手が伸びるのでフロントタイヤに体重がかかりにくくなります。

 

 

シフトダウンをする際は、一つのギアでコーナーを走りきれるものを
選ぶのがポイントとなります。
しかしあまり低いギアまで落とすとコーナリング中にシフトアップしなければ
いけなくなってしまうので、感覚を掴めるまで試してみましょう。

ハイレベルなライディングは派手なライディングではない

ハイレベルなライディングとは一体どんな走りなのでしょうか?

 

 

実際、公道では様々な制限があります。
時速オーバーで走ることは許されませんし
信号でちょこちょこ停止しなければいけなかったり
歩行者が飛び出してきたりとトラブルも様々です。
公道で時速何キロ出せただとか、どこまでバンクできるのかを競うのは無意味なことです。

 

 

ウィリーができるようになった、アクセル・ターンができるようになったと
公道で多用していれば、周囲からは白い目で見られてしまいます。
こうした技術が使えることが、羨望のまなざしとはならないのです。

 

 

ハイレベルなライディングとはバイクの特性を活かした走行です。
バイクを力で捻じ伏せるのではなく、生かす走りがテクニックなのです。

 

 

スロットルをどのタイミングで開け閉めするか。
体重をどうかけて、どうコントロールするのか。
こうしたことは簡単に学べることではなりません。

 

 

手探りで日頃からトレーニングの意識を持ってあれこれ試してみることが大事です。
乗る道も、バイクの性能も、乗る人の体型も違うのですから
こう操作するのが最適!というものはありません。

 

 

日々研究を続けていれば、次第にバイクを操る感覚が掴めるようになります。
そうすれば、自分と自分の愛車にあった最高のライディングができるようになるでしょう。
効率的に、バイクに負担をかけずに、安全に走行することこそ
ハイレベルなライディングと言えるでしょう。

 

 

格好付けよう、目立とう、周囲を驚かせてやろうと
考えていては、ハイレベルなライディングには到達できません。

 

 

 

 

【バイクのコツ中級編】自由自在にバイクを操るブレーキ術記事一覧

コーナリングで重要なのがバイクの倒し込みです。バイクを寝かせた後で、あれこれ操作をしようとしてもここ...

コーナリングをするときに、目的の角度まで体を傾けたあとそのまま体重を掛け続けてしまうと、当然イン側に...

S字コーナーは左右への連続したコーナリングです。これまでのコーナーへの入り方、そして立ち上がりを連続...

様々なバイクアクションがありますが、まずはウィリーから説明しましょう。ウィリーにも2種類の方法があっ...

トライアルやモトクロスをやるなら話は違いますが普通に市街地を走行したり、通勤に通学に使ったりツーリン...