バイクのUターンの方法

 

 

 

 

車体をリーンアウト気味のフォームで寝かせてみよう

バイクのコーナリングというのは、バイク乗りにとって
一番楽しいものかもしれません。
だからこそ峠を走りたがる人が後を絶たないのでしょう。

 

 

しかし、一方でバイクで一番難しいのがコーナリングとも言えます。
初心者が数回乗ったくらいでバイクのコーナリングはマスターできません。
だからこそ、コーナリングがスムーズに行えるようになるためにも
基本の姿勢と基本の曲がり方をしっかり覚え、忠実に守るようにしましょう。
どんな技も基本がしっかりできていなければいけません。
これは全ての走行で言えることです。

 

 

家を出た瞬間から、家に帰る最後の最後まで
しっかり基本に忠実に走行してみましょう。
最初は面倒に感じるかもしれませんが
1ヶ月も続けていると体にその正しい走行が身についてくるでしょう。
そして見違えるようにバイクの乗り方が上手くなっているはずです。

 

 

Uターンのテクニックはコーナリングのテクニックと変わりません。
スピードが出ているときなら、上手にできるのに
ゆっくりと小さく曲がることができない・・・
という人は基本ができていない証拠です。
こういう人はスピードが出ていないと、バイクの勢いがなくなるため
上手にバイクをコントロールできずに、動きがギクシャクしてしまいます。

 

 

基本をしっかり抑えていれば、スピードが出ていない状態でも
スムーズにUターンすることができます。

 

 

直進したら、道幅一杯にバイクを寄せて減速します。
1速ギアまでシフトダウンしたらブレーキを放して車体を寝かせ
フルバンクするまえにスロットを開けてリーン・アウト気味の体勢でバランスを取ります。
スピードが出すぎている場合にはリアブレーキで調節してスロットルは戻しません。
バイクを倒しこめば自然に曲がってくれるので変に荷重移動させずにスムーズに曲がってください。