ステップはどう踏めばいい?

 

 

 

 

常に土踏まずで踏むは、間違いです

体重を支えるのはステップの重要な役割です。
このとき、基本的に踏み方は自由です。
ただし、ブーツの先でちょんと踏んだり、
かかとで踏みつけるとブサイクな乗り方になってしまいます。
またしっかり体重を支えることができないため
足を踏み外してしまったり、しっかりホールドできなかったりして
事故に繋がりやすくなってしまいます。

 

 

大切なのは、適切なステップ・コントロールができるかどうかということ。
左右のステップに対しそれぞれ別々に必要な分だけ体重をスムーズにかけることが
ライディングでは非常に重要になります。
ですから体重の移動がしやすい場所でステップを踏まなければいけません。

 

 

一番オーソドックスなのが、土踏まず付近で踏むパターンです。
デフォルトではこの状態が一番しっくりくる人が多いのではないでしょうか。

 

 

慣れてきたらつま先を使ったステップコントロールも良いでしょう。
つま先は柔軟にショックを吸収し、足首の関節が自由に使えるポジションです。
特にコーナリングでその威力を発揮します。

 

 

路面やスピードなどに合わせて土踏まずのやや前方でステップに立っておき
必要なときにはつま先に切り替えるなど、自由に切り替えてください。
つま先のみで乗ると、どうしてもペダル操作がワンテンポ遅れてしまうので
土踏まずと併用するのが便利でしょう。

 

 

好みに合わせてステップを踏みますが
大事なのは車体を傾けやすいか、しっかりホールドできるか
スロットルとステップでバイクをコントロールしやすいかなど
自分に合わせた方法を探ってみてください。