ブリッピングシフトダウンの方法

 

 

 

 

シフトダウン時の変速ショックをなくすには?

シフトダウンの目的は大きく分けて2つあります。
1.大きな駆動力を得たいとき(例 追い越し加速をするとき/坂道を登るとき)
2.減速するとき

 

の2点です。

 

 

1の場合、シフトダウンの方法はシフトアップとほとんど同じです。
駆動力が欲しいときに、わずかだけスロットルを戻し、素早くクラッチを切ってシフトダウンします。
クラッチを切っている時間が短いほどスムーズに加速ができますが
クラッチを長く切っていると、その間にエンジンの回転数がどんどん落ちてしまうので
クラッチミートで変速ショックが出てしまいます。

 

 

6速ギアから3速ギアなど数段階シフトダウンをする場合、一度にやってしまうと
クラッチを切っている時間が長くなってしまい変速ショックの原因となってしまいます。
そこで数段階シフトダウンする場合にはまず1速だけシフトダウンして一瞬加速します。
そして目的のギアまで同様に1速ずつシフトダウンしましょう。
これでエンジンへの負担も減らすことができ、スムーズに加速ができます。

 

 

2の場合、落ちてくる車速に合わせてギアを落とす必要があります。
このときエンジンの回転数が合っていないと変速ショックの原因となります。
また、最悪の場合、後輪がロックして車体が非常に不安定になることがあります。

 

 

上級者ライダーはこの変速ショックを感じさせないライディングをしています。
彼らはどのようにしているのでしょうか?

 

 

シフトダウン時のショックは何故起こるのでしょうか?
それはギアによってエンジン回転数に大きな差が生まれるからです。

 

 

このショックをいかに軽減するかというと、「アクセル」です。
ブォン!と音を出すのは格好悪いし、エンジンに負担がかかるから
避けましょうというのは通常時の常識です。

 

 

しかし、シフトダウン時だけは別です。
エンジン回転数の差を補うためにアクセルを使います。
クラッチを切って、シフトペダルを踏むときに
スロットルを一瞬だけパッとひねってブォン!とやって
エンジンの回転数を上げます。(これをブリッピングといいます)
そしてスロットルを戻したらクラッチミートです。
この操作を一瞬のうちに行う必要があります。

 

 

もちろんシフトダウンの常識、クラッチを切っている時間は
なるべく短いのが良いです。
が、変速ショックをなくすためにこの短い瞬間に、エンジン回転数を上げるためにタイミングよく
空ぶかしをするのです。
初心者のうちは、タイミングがうまくつかめず難しいかもしれません。
何度も練習して体で覚えましょう。

 

 

練習をするときには安全を確認した上で
エンジンブレーキだけの減速でタイミングを覚えると良いでしょう。

 

 

この技を使うのは、急な下り坂でシフトダウンをするときなどです。
普通の赤信号で減速する場合には前後輪にブレーキが付いていますから
これを使って減速します。
普通の減速でシフトダウンしてエンジン回転数を上げてエンジンブレーキで減速
するというのは絶対に避けてください。
バイクが悲鳴を上げてしまいます。
そしてスロットルを戻したらクラッチミートです。

 

 

もちろんシフトダウンの常識、クラッチを切っている時間は
なるべく短いのが良いです。
この短い瞬間に、エンジン回転数を上げるためにタイミングよく
空ぶかしをします。
初心者のうちは、タイミングがうまくつかめず難しいかもしれません。
何度も練習して体で覚えましょう。

 

 

練習をするときには安全を確認した上で
エンジンブレーキだけの減速でタイミングを覚えると良いでしょう。

 

 

この技を使うのは、急な下り坂でシフトダウンをするときなどです。
普通の赤信号で減速する場合には前後輪にブレーキが付いていますから
これを使って減速します。
普通の減速でシフトダウンしてエンジン回転数を上げてエンジンブレーキで減速
するというのは絶対に避けてください。
バイクが悲鳴を上げてしまいます。
そしてスロットルを戻した瞬間にクラッチをつなげるのです。

 

 

もちろんシフトダウンの常識、クラッチを切っている時間は
なるべく短いのが良いです。
この短い瞬間に、エンジン回転数を上げるためにタイミングよく
空ぶかしをします。(これをブリッピングと
初心者のうちは、タイミングがうまくつかめず難しいかもしれません。
何度も練習して体で覚えましょう。

 

 

練習をするときには安全を確認した上で
エンジンブレーキだけの減速でタイミングを覚えると良いでしょう。

 

 

この技を使うのは、急な下り坂でシフトダウンをするときなどです。
普通の赤信号で減速する場合には前後輪にブレーキが付いていますから
これを使って減速します。
普通の減速でシフトダウンしてエンジン回転数を上げてエンジンブレーキで減速
するというのは絶対に避けてください。
バイクが悲鳴をあげてしまいます。