リーンウィズの正しい方法

 

 

 

 

車体と体を一緒に傾ける(リーンウィズ)が基本フォーム

コーナリングをするために、今まで直進で走行していたバイクを寝かせると
ちょうどよい状態でバイクの上に乗っていた体重のバランスが崩れてしまいます。

 

 

直進しているバイクは、左右バランスよく体重が乗った状態です。
ここからバイクという重量のあるものを傾けるために、体重移動をするので
それなりに大きな動きが必要となります。
そして一度バイクが寝ると、今度はそのバランスを維持する状態になります。

 

 

つまり、バイクを寝かせるために大きく体を移動し、体重を移動させます。
すると両足にホールディングされたバイクも自動的に体と一緒に傾きます。
このとき、いつまでも体重をイン側に入れていては転倒してしまいます。
そこでちょうどよいところまでバイクが倒れたら今度は体重をアウト側へ
適度に抜かなくてはいけません。
そしてバランスをとりながらコーナーを曲がっていきます。

 

 

どのくらいバイクを傾けるのか、どんな体勢でコーナリングするのか
余計なことを考えているとバイクがフラフラしてしまいます。
コーナリングで考えるべきは体重の移動だけです。

 

 

また、バイクを倒したときに、頭も一緒にイン側へ傾けてしまう人がいますが
これは路面に対して常に垂直にしておくのがよいでしょう。
頭を一緒に傾けてしまうと、どのくらい傾いているのかが客観的に判断できません。
視線は進むべき方向、これから曲がる方向を見て安全を確認しておきます。

 

 

コーナーを曲がる時にもライディングフォームの基本は一緒です。
無理に力を入れずに、両足で車体をホールディングし
腕の力は抜いておきます。
ハンドルを支えるのは腕の力ではなく背筋です。
手はレバーやスロットルを操作するために、グリップに添えておきましょう。
そうすれば難しく考えなくてもバイクは自然に曲がり
安定性も高くなります。

 

 

 

 

バイクに任せて素直に運転するのが一番綺麗なフォーム

コーナリングにはリーン・ウィズとリーン・イン、リーン・アウトという3つのライディングフォームがあります。
ちょっとバイクをかじったことがある人なら聞いたことがあるかもしれません。
一般公道を走行する限り、基本フォームはリーンウィズ。
そのフォームから大きく変化させる必要はありません。

 

 

しかし実際には、基本の体重移動が重要です。
どんなライディングフォームであってもバイクのコーナリングに必要なのは体重移動のみ。
正しいライディングフォームで乗車できていれば、体重を自然に移動し
そしてその後バランスを取るために力を抜けば
自分では意識をしていなくても
他人から見れば自然にリーン・ウィズとリーン・イン、リーン・アウトができています。

 

 

リーン・ウィズとリーン・イン、リーン・アウトというフォームは基本フォームでコーナリングをしたときの
結果としてそう見えるということに過ぎません。
初心者が下手なコーナリングフォームを意識するよりも
自然にカーブを曲がり、あとはバランスを維持することを考えるべきです。

 

 

体重を傾けるときには、頭や肩から内側に入れてはいけません。
腰から動かすイメージで体重を移動させてください。
このとき、お尻を大きく動かすと不恰好なので、必ず腰を入れるイメージで
体重を移動させてみましょう。
お尻や肩は腰が入ったあと、自然についていきます。
間違っても腕の力でバイクを捻じ伏せるように倒すのは危険なので辞めてください。
バイクと体が一つになったように、自然に倒れるのが理想です。

 

 

特にUターンなど小旋廻する場合にはバイクを深く倒します。
必要な曲がる力を得るために、車体を傾け、そして倒した分だけ
バランスを取るために体重を使うと綺麗なフォームになります。
オーバーアクションで体重を移動させる必要はありません。
自然に任せて素直に運転するのが一番綺麗なフォームです。