レバーに指を何本かけるの?

 

 

 

 

レバーを握るとき、指は2本?3本?

ライディングフォームを決めるときに、ハンドルに力を入れてはいけないことは先に説明しました。
なぜなら、力が入れば入るほど、ハンドルの自然な動きを殺してしまうため
せっかくの走行が妨げられてしまうからです。

 

 

これはハンドルグリップを握るときにも同じことがいえます。
グリップを握るときには、ぎゅっと強く握らずそっと手をかけてください。
そして包み込むように握りましょう。

 

 

どのくらいの強さで握るかというと、グリップを握って
こぶしの中でハンドルが軽く動く程度です。
これ以上強くても緩くてもいけません。

 

 

そして走行中に必要に応じて、必要なだけの力をかけましょう。
そのときでも強く握りすぎてはいけません。

 

 

なぜ強く握ってはいけないのかというと
バイクのハンドルグリップはハンドルを操作するためだけではなく
スロットルやクラッチ、ブレーキの操作をするためにあるからです。

 

 

レバーの持ち方には2本がけ(人差し指、中指)、3本がけ(中指、薬指、小指)の2種類があります。
どちらを選ぶかは自由ですが4本かげはやめましょう。
グリップ・ホールドができないので危険です。
また市街地を走行するときにはレバーに指を1本(人差し指)かけておきます。
するとすぐに握れるので便利です。
ただしコーナリングのときには危険なので
このときには、力みすぎず、かといって緩すぎず
適切な力と握り方でハンドルをしっかり握りましょう。

 

 

ちなみにハンドルが大きく振られるモトクロスでは
ハンドグリップを握るときは1本がけで操作しています。