下半身を一体化させるとバイクが安定する

 

 

 

 

下半身を安定させれば上半身の自由度が増す

バイクはスロットルとステップでコントロールします。
両腕はハンドルに添え、上半身は自然に傾ける。
そして下半身はバイクと一体化するのが最も理想的なライディングフォームになります。

 

 

車体が真っ直ぐのときは、下半身も真っ直ぐ。
バイクが右に傾けば下半身も右へ。
左に傾けば下半身も左へ移動させます。
これがバイクと下半身が一体化するということです。
バイクの動き、スピードを生かすためには
下半身がバイクと一体化するのは必須です。

 

 

つまり、バイクの基本は下半身にあると考えて問題ありません。
確かにハンドルの操作やスロットル、グリップに関しては下半身は
あまり関係ありません。
しかしバイクをコントロールするために重要なのは下半身の力加減によるものです。

 

 

下半身がしっかり車体と一体化していれば、上半身はスムーズに動きます。
力で捻じ伏せるように運転しなくても、自然に力が抜け、良い姿勢になります。

 

 

ステップをどう踏むか、どう車体をホールドするか。
お尻はどのあたりに置くのか。
下半身を極めればバイクを極めたも同然となります。

 

 

そして走行中には細かく体重移動をし
下半身でバイクをコントロールしましょう。
そうすればハンドルは自然に体の動きについてくるようになります。
また疲れもたまりにくくなり、機敏に動くことができるので
集中力も途切れることなく長距離の走行も可能になります。