よくある悪い例

 

 

 

 

ガチガチなフォームは格好悪いですよね

ライディングをする上で、どこか一点に体重がかかりっぱなしというのは良くないフォームです。
不自然に力がかかっていると、スムーズに体重移動ができなくなるので
繊細なコントロールが必要なバイク操作に向いていません。
もちろん、長距離運転をするときに不自然な力の入り方をしていると
そこに疲労がたまってしまいます。
これではだんだんとバイクに乗るのが苦痛になってしまうでしょう。

 

 

もし、バイクに乗っていてどこかに疲労を感じるようであれば
これは不自然に力がかかっている証拠です。

 

 

たとえばニーグリップ。
これは教習所でもしつこいくらい注意されたはずです。
「でも、みんな足を開いて乗ってるよ?」
と思ったら大間違いなのです。
しっかり車体をホールドすると、上半身の力が抜けて腰で乗ることができます。
このとき、ホールドする場所は膝でなくても構いません。
太ももの内側やふくらはぎをサイドカバーに当てて固定しても良いでしょう。
このあたりは体格やバイクによって調節してみてください。

 

 

よくある悪い例が
・背中を真っ直ぐにしたり、逆ソリのライディングフォーム
・大また開き
・腰が前方にですぎている
・腰を後方に引きすぎている
といったライディングフォームです。

 

 

これらの体勢でバイクに乗っていると、体が体重でガチガチに固定されてしまったり
急なハンドル操作に対応できなかったり、バイクの走行に関わる問題がでてきます。
周囲のバイク乗りの人をよく観察してみてください。
こうした体勢で運転していると、運転性能が落ちるだけではなく
とても格好悪い乗り方に見えてしまいます。
よく観察すると他人の欠点は分かりやすいです。
ぜひ自分のライディングフォームの反面教師にしてください。