ブレーキの操作方法

 

 

 

 

過重が大きく増えるフロントブレーキを有効に使う

バイクと車の違いは多々ありますが、ブレーキの仕組みも全く違います。
はじめは前後別々にブレーキ操作をすることに不便さを感じるかもしれません。
しかしこの仕組みはバイクにとって欠かせないものなのです。

 

 

バイクで走行中、ブレーキをかけるとバイクの重さとライダーの重さで
前輪にかかる重さが増えます。
そしてその分だけ後輪に乗る体重が減ります。

 

 

これが減速Gというものです。
このとき、垂直荷重が大きいほど、タイヤのグリップ力もまし
反対に垂直荷重が少ないとタイヤのグリップ力は減ります。

 

 

バイクは減速時の前後荷重移動量がとても大きい乗り物です。
ゆっくり減速するか、急ブレーキをするか、路面状況によっても
体重の移動量は変りますが、二人乗りだと更に大きく変わります。

 

 

ですから、前輪後輪のそれぞれに適切なブレーキをする必要があります。
バイクの腕はブレーキで決まる、とも言われますが
上手に使いこなせば、理想のライディングに近づくことができます。

 

 

バイクの後輪は負荷が軽くなるため、強くブレーキをかけるとすぐにロックされてしまます。
そして制動力が低下してしまいます。
このためバイクの制動はフロントで行わなくてはいけません。

 

 

前輪と後輪の同時にブレーキをかけますが
どう配分するかが重要になります。

 

 

低速、減速の幅が小さいときには体重移動量が少ないので
後輪にかけるブレーキは増やします。
反対に高速、減速の幅が大きいときには体重移動量も増えるので
後輪にかけるブレーキは減ります。
どちらにどう配分するかは体で覚えていきましょう。

 

 

 

 

ブレーキングでタイヤをロックさせない方法

バイクのブレーキで重要なのが荷重がより多くかかるフロントブレーキです。
早いスピードで走行中こそ、より強くブレーキをかけなければなりません。
しかし、いきなり目一杯ブレーキレバーを握るのは怖いですよね。
もしロック(タイヤの回転が止まったまま路面上を滑り続けること=いわゆるスリップ状態)
してしまったら?と考えてしまいます。

 

 

そこで重要になるのが、バイクのライディングフォームです。
もしブレーキをかけるときに腕に体重がかかっていると
前輪がロックしてしまうと身動きが取れなくなってしまいます。
逆に無駄な力が入っていない状態なら、すぐにブレーキレバーをゆるめて
バランスを素早く取り戻すことができます。

 

 

そしてしっかりバイクをホールディングできなければ
体が一気に前につんのめってしまいます。
より前輪のロックが掛かりやすくなってしまうのです。
負のスパイラルに陥らないためにも、ライディングフォームが重要です。

 

 

なれるまでは、バイクのブレーキをかけるときの力の配分ははフロント7:リヤ3を意識してみましょう。
しっかり下半身でバイクをホールディングし、正しいライディングフォームを意識しながら
フロントブレーキ70%、リアブレーキ30%の割合です。

 

 

ブレーキレバーを握るときにもジワーっと握れば衝撃がかかりにくく
ロックせずにブレーキングを行うことができます。
一気にガツンと強く握るとその衝撃でロックがかかってしまう危険性があります。
バイクに合わせて、少しずつ感覚を掴み、素早くブレーキをかけれるように
特訓します。

 

 

バイクを安全に乗る上で、ブレーキは非常に重要なものですから
確実に行えるよう最初は低速から練習してください。