バイクを起こす方法

 

 

 

 

腰で起こすのではなく膝の力を利用する

バイクの重さは車体によって異なりますが、大体100〜200kgと言ったところです。
あなたの体重は何キロくらいでしょうか?
一般的な男性として55キロ〜75キロくらいでしょうか?
あなた自身の体重が何キロであれ、自分の体重よりはるかに重たいものを
人間の力だけで、向きを変えたり、止まったり、支えたりしようとするのが
当たり前のように考えていないでしょうか?

 

 

バイクを動かすとき、全ては体重の移動とスロットルワークで行うのが基本です。
人の力を使って無理に動かせると考えるのは大きな間違いです。

 

 

もし、バイクが転倒してしまったら。
このときはちょっとしたテクニックが必要です。

 

 

倒れてしまったバイクを腰で持ち上げようとしても無理があります。
転倒やスタンドが外れてしまって、慌てて立て直そうとして
起こせないでモタモタしているととても格好悪く、ますます焦ってしまいます。

 

 

まず、バイクを起こすときにはハンドルを倒れた側一杯にきってロック状態にします。
これでハンドルがぐらぐらしなくなるので、車体が安定します。
次に倒れたバイクの近くにしゃがみ、片手で倒れた側のハンドルグリップを、
もう片方の手で車体後部を握ります。
それから、腰の力に頼らず、膝を伸ばすように起こせばれば楽に起こすことができます。

 

 

もう一つのやりかたとしては、ハンドルを上部(倒れた側と反対)一杯にきって、両手で倒れた側のグリップを持って
膝をのばすようにして起こす方法もあります。

 

 

いずれも腕力や背筋力で挙げるのではないので
非力な人や小柄な人、女性でもバイクを起こすことができます。