バイクのコーナリング バンク

 

 

 

 

バイクは内側に寝かせれば自然と曲がる乗り物

コーナリングはバイクで欠かすことのできないテクニックです。
もし道を曲がることができなければ、バイクで走行することはできません。

 

 

では、どうやってコーナリングをするのか?
どの程度バイクを寝かせればいいのか?
初心者の人にはとても難しく感じるかもしれません。

 

 

バイクにはタイヤが2つです。
曲がるときには遠心力で吹き飛ばされないように、イン側に体を倒さなければいけません。
もちろん、このときバイクに乗っている本人だけがイン側に倒れていても意味がありません。
バイクも体と一緒に内側に倒して、重心を傾ける必要があります。

 

 

バイクと体を寝かせると、タイヤに曲がる力が生まれます。
タイヤを転がすと、傾いたほうへ転がっていきます。
これが傾いた側へ曲がろうとする性質です。
バイクを傾けると、タイヤが斜めになり、その方向へ曲がる力が生まれます。

 

 

コーナリングをするとき、ハンドルはあまり意識してはいけません。
バイクを傾けると、力を入れてハンドルを切らなくても
自然にバイクが曲がります。
これが安全な曲がり方です。

 

 

正しいライディングフォームでバイクに乗れていれば
両足で車体はしっかりホールディングされています。
そして上半身はリラックスしています。
ですから自然にハンドルを切ることができ、バイクも自然に寝てくれます。
これでバランスを保ちながら、綺麗に曲がることができます。

 

 

もしコーナリングが不安定になるようだったら
正しいライディングフォームで乗れていないのかもしれません。

 

 

 

 

バイクを上手にバンクさせる(寝かせる)ことができない原因とは?

コーナリングをするためには、バイクを寝かせる必要がある。
では、一体バイクはどうすれば「寝る」のでしょうか?

 

 

これは体重移動で行います。
曲がりたいと思う方向、左側に曲がりたいなら左側へ。
右側に曲がりたいなら右側へ体重を移動させます。
バイクを寝かせるためには、ハンドルのコントロールはいりません。
この体重移動だけでほとんど行うと覚えておきましょう。

 

 

しかし実はこれがちょっと難しいのです。
体重をイン側に移動させたつもりが、足がタンクに当たってしまって、それ以上傾かなかったり
逆にイン側にステップを踏んだがために、体がアウトに逃げてしまったり。
特に初心者はバイク車体と自身の体重を両方上手に寝かせられずに
ハンドルを使って車体を傾けてしまう人が多いのです。

 

 

しかしこれではスピーディーな体重移動はできず
コーナリングにも手間取ります。
スピードを出しているときは、より早く体重移動をしなくてはいけませんが
これができなくなってしまいいます。

 

 

中にはハンドルをバーを積極的に使ってバイクを寝かせるというテクニックもありますが
これがかなり上級者の技。
初心者はハンドルに力を入れずに、体重移動でバイクを寝かせる技術をまず身につけましょう。

 

 

簡単なようですが、バイクを寝かせるというの基本のテクニックで
しっかり学んでおくことが重要です。
スムーズに体重が移動できるよう、なれるまで何度も練習してみてください。