転倒時のリカバリー方法

 

 

 

 

万が一の転倒に備えてイメージトレーニングしておきましょう

もしバイクが転倒してしまったら?

 

事故を起こしてしまったり、転んでしまったりということはないほうが良いです。
でも万が一転倒してしまったときのために
どう対処すればよいのか、シミュレーションしておくと安心です。

 

 

激突してしまったケース

車が飛び出してきたなど、何かに激突しそうになったら
とにかくブレーキをかけてスピードを殺して衝突による衝撃を軽くしましょう。
転倒しながら相手に激突すると、被害が大きくなりやすいです。
死ぬことに比べれば骨折程度で済めば幸いです。
運がよければ衝突の前に止まれるかもしれません。
いっそ転倒させてしまいましょう。

 

 

曲がり切れそうにないケース

ブレーキを切るのが遅く、コーナーが曲がりきれそうにないときには
慌てずにスロットルを戻して、バイクを立ててブレーキをかけ、
なんとか曲がりきりましょう。
それがダメなときには自分の車線内で転びます。
反対車線で転ぶと大きな事故につながりやすいです。

 

 

もし転んでしまったら

万が一転倒してしまった場合には、安全確保が第一です。
転んでしまったものはどうしようもないことですから
回りの状況を素早く確認して、安全な場所へ移動してください。
恐いのは2次事故に巻き込まれることです。
そして、自分のケガなどを確認して動けるようであれば
すみやかにバイクを路肩に寄せて、2次事故が起きないようにしてください。

 

 

バイクはお金を出せば修理することができます。
新しい車輌を買うこともできます。
でも人の体、命は元に戻りません。
日頃から無理なコーナリングなどをしないよう、安全運転を心がけましょう。