バイク 交差点進入のコツ

 

 

 

 

交差点はバイク事故の多発ポイント

どんな状況、どんな道路を走行するにせよ、油断は禁物です。
常に周囲の状況に気を配り、安全に走行できるように留意しなくてはいけません。

 

 

中でも事故を起こす可能性が高いのが車と車が交わるところです。
T字路、Y字路、交差点は非常に事故が多いです。
色々な方向へ行きたい車が交差し、また角を曲がれば見渡しは悪くなってしまいます。

 

 

中にはスピードを落とすことなく、猛スピードで曲がろうとする車もいれば
遊びに夢中な子供が突然道路に飛び出してきたりします。
中高生が信号を無視して道路を横切ろうとしたり、車以外にも
注意を払わなくてはいけないことが山ほどあるのです。

 

 

そしてバイクの場合、往々して痛い目に合うのはバイクのほうです。
相手が車の場合には重大な事故で大怪我をするでしょう。
相手が自転車や歩行者の場合には加害者として重大な責務を負うことになります。

 

 

バイクは車の陰に入ってしまうと、対向車からも、前方の車からも
非常に視認しにくくなります。
バイクは車よりも視界が開けているため
自分では「いける」「大丈夫」と思っていても
周囲の車からは突然飛び出してきた無謀運転と写ることもしばしばです。

 

 

車とバイクという異なる種類の乗り物が一つの道路を走行するのですから
どちらも油断をすることなく、相手への配慮を忘れずに走行しなくてはいけないのです。

 

 

交差点は特に危険な場所だとしっかり念頭において
無謀な運転で突っ込んでいったりしないようにしましょう。
もちろん信号のある交差点だから大丈夫なんて考えてはいけません。
どんな道路であれ、油断は禁物です。

 

 

 

 

信号待ちにひっかかったら車の列の先頭に出るのが安全

信号待ちで停車するときには、車の列の先頭に出て青信号と同時にスタートして流れをリードできるようにしましょう。
このテクニック、実はマナー的には割り込みに該当するので、NG行為ではあるのですが
それ以上にメリットが大きいのです。

 

 

メリット1)バイクならではの機動性が活かせる
メリット2)目的地に早く着ける
メリット3)車となるべく離れて走行できる
メリット4)車に自分の存在をアピールすることができる

 

 

前に出るときの注意点は、ドライバーの確認しにくい位置に停車しないことが絶対です。
気付かれない位置に停車していると左折に巻き込まれて事故に繋がったりします。
特に先頭車の車の真横に並んで停車するのは大変危険ですから
絶対に避けるようにしてください。

 

 

車を運転しているほうからすれば、いきなり死角からバイクが飛び出てきたように見えます。
まさかそんなところにバイクがいるとは思わずに曲がるので事故になるのです。
特にトラックやバスなど大型の車輌は死角も大きいです。
それだけバイクが視認しにくくなりやすいので要注意です。

 

 

そして割り込むというマナー違反をした以上
車の迷惑にならないように速やかにスタートをしなくてはいけません。
バイクの加速力を活かし、スムーズにダッシュして車と距離を開けてください。

 

 

バイクなんだから当然という気持ちで割り込んでいると
ドライバーから反感を買ってしまいます。
安全性を確保するために、致し方なくマナー違反をしているわけですから
それ以上迷惑をかけてはいけません。
周囲の車輌に気遣う余裕がないのであれば
大人しく車の列に並んで信号が変るのを待ちましょう。

バイク初心者の試練!すり抜けはどうする?

渋滞中に車の横をすりぬけたり、信号で停車している車の横をすり抜けたりすることが
バイクに乗っていると多々あることだと思います。

 

 

実は、このすり抜け運転には危険が沢山潜んでいます。
通常の市街地走行以上に、安全性に気をつけながら運転をしなければいけません。

 

 

まず、どこをすり抜けて走るのかというと
道の左端、路肩付近を走行します。
道の端はゴミが落ちていたり、波打っていたり、砂が浮いていたりと悪路なことがおおいです。
すぐ横には段差があるため、車体が倒れたりすると悲惨なことになりがちです。
また蒲鉾型の道路では左端が極端に低くなっていることもあり危険です。

 

 

車が完全に停車状態のとき、通常の人間は交通の流れがストップしていると考えてしまいます。
そこで歩行者が車と車の間を通りぬけようと歩いていることがあります。
まさかバイクが路肩を走ってくるとは考えていませんから
出会いがしらに事故になってしまうのです。

 

 

更に、渋滞で嫌気がさしたドライバーが急に道をそれて
パーキングに入ろうとして曲がってきたり
トイレが我慢できなくなってしまった子供におしっこをさせるために
いきなり左側のドアが開いたりすることもあります。

 

 

そんな横をスピードを出してバイクが走行していればどうでしょうか?
大惨事になるのが目に見えています。

 

 

車がのろのろ動いている時でも同様です。
バイクが走り抜けてくるとは考えない、予測もできない行動をとる車は山ほどいます。

 

 

もしも少しでも危険を感じた場合には大人しく車の後ろに並んで
流れにそって走行をしてください。