バイクオフロード走行のコツ

 

 

 

 

オフロードではライディングテクニックの差がモロに現れる

バイク好き、と一口に言っても、ほとんどの人がオンロード専門で
オフロードを走行したことのないバイク乗りも多いです。

 

 

でもオフロードの乗り方をしっていると、オンロードで使える技術なども隠されています。
またせっかくバイクに乗っているなら、一度はオフロードを体験してみると
楽しさも倍増することでしょう。
自然の中、舗装されていないデコボコ道を自分の技術で走り抜ける
その爽快感はオンロードとはまた別の楽しさがあるからです。

 

 

さて、オフロードというと特殊な技術がいるように感じられますが
基本の乗り方がしっかりできていれば、それほど怖がる必要はありません。
大切なのはオンロードと一緒で
両足でしっかりバイクを固定すること。
タイヤに急激なショックを与えるような無理な倒しこみはしないことなでおす。

 

 

林道などを走る場合には極端な技術も必要ありませんから
まずは一度試してみることをオススメします。
最近のバイクは十分性能が高いものが多いので
普通に走ってみるだけでも、結構なスピードで走れるはずです。

 

 

もし基本の姿勢がしっかり出来ていないと
へっぴり腰でバイクに乗るはめになり、いくら立派なバイクに乗っていても
危なっかしい運転でスピードを出すことはできません。
基本のフォームができていないと
タイヤが滑ったり突き上げをくらったりで安定しないのです。

 

 

オフロードを走るときには、中腰気味か、いつでもその姿勢に移れる状態で
両ステップを踏んで立ち上がれる体勢で乗ります。
ひざから下はバイクと一体化するのが基本で
頭はほとんど動かないようにしてください。

 

 

中腰になったときにもハンドルは押したり引いたりせずにしっかり体をホールドしていれば
基本の姿勢で力を入れることなく、スムーズに走れるはずです。

 

 

 

 

オフロードでの基本コーナリングフォーム

オフロードでのコーナリングは、慣れないうちはとてもドキドキします。
恐い恐いと思っていると肩に力が入って緊張し、思うような体重移動ができなくなります。
まずはリラックスして体の力を抜いてみましょう。

 

 

コーナーを曲がるコツはリーン・ウィズでスルリと曲がることです。
足を出すことは考えなくていいです。
バイクを寝かせたらスロットルをすぐに開きます。
オンロードよりオフロードは体が安定し難いので加速気味に曲がるのがコツです。

 

 

第一段階が出来たら、次に外側の足でステップを先端方向に踏みつつ
反力でバイクを倒しこんでみましょう。
リーン・ウィズでは素早い倒し込みとバンク角が必要です。
このように曲がろうとすると、自然にアウト側の膝がタンクに押しあがる反力で
状態は上に伸び、リーン・アウトの体勢になるのです。

 

 

外足は常に車体にフィットさせておくと車体がしっかりホールドできます。
打ち足は倒しこみの勢いをつけるために前輪わきの前方に出します。
万が一滑った時には、この足で地面を瞬間的に蹴ってタイミングを取ると良いでしょう。

 

 

最後にカーブの前のブレーキングでは腰を引いて体重を後輪にかけ、前輪への荷重を軽くします。
そしてバイクを倒すときには一気に体重を前にもっていくと
バイクがスムーズに寝ます。

 

 

なかなかコーナーリングになれるまでは難しいかもしれませんが
積極的に体を動かしてコツを掴んでください。

ダートロードを走ろう

ダートロードとは小石が落ちているような道路や柔らかい土がういているような
砂利道、川原、モトクロス場などのことを言います。

 

 

こうした悪路の場合、ハンドルに寄りかかって運転をすると不安定になってぐらぐらします。
ハンドルには体重をかけずに、グリップは軽くホールドするだけで意識して後輪に体重をかけましょう。
下半身はしっかり車体をホールディングしつつ、ぐらついたときには下半身だけを動かし
やはりハンドルにはできるだけ体重をかけないようにしましょう。

 

 

ダートロードのストレート部分ではスロットルは常に開け気味です。
モタモタしながらスロットルを閉めていると、前輪が取られやすくなり不安定な走行になります。
安全確認をしっかりしながら、ある程度スピードに乗っているときのほうが
車体が直進しようとする力が強くなるためぐらつかなくなります。

 

 

ただしスピードの出しすぎには注意です。
交通量が少なくとも、対向車が走ってくる危険性もありますし歩行者も存在します。

 

 

ダートロードの多くはガードレールもなく、人通りもあまりありません。
もしそんな場所でスピードを出しすぎて道を踏み外したりしたら大変なことになります。
特に林道などではセンターラインなど書かれていませんから
わだちのあとなどを利用して走ることが多くなります。
それは対向車も一緒です。
自分が左側を走行していても、相手が路面の良いところを探して走ってくる場合には
そのままでは激突してしまう危険性があります。
特にコーナーは危険度が高くなるので、注意しながら進みましょう。

 

 

ダートロードでは警察がいる心配はまずありませんが
自分の身は自分で守るのが基本なので、無謀な運転は絶対にしないようにしましょう。