バイク二人乗りのコツ

 

 

 

 

結構重要な後ろに乗る人の心構え

免許を取って1年が経過すると、バイクは二人乗りができるようになります。
さっそくタンデム・ツーリングに出掛けよう!という人も多いでしょう。
ちょっとそこまで友人を乗せる、なんてことも出てくると思います。

 

 

運転手の場合

1人で乗るときよりも、動作はゆっくりめを心がけましょう。
安全第一を徹底して、スローペースでの走行を心がけましょう。
バイクの二人乗りは、助手席に乗せるのとは大きく違います。
バランスは取り難くなりますし、同乗者が予測の取れない行動を取るかもしれません。
いつもスイスイ走っている道でも、難易度が格段に高くなります。

 

また、万が一事故に巻き込まれた際には
被害に合うのは自分だけではありません。
バイク事故の場合、多くのケースで被害が多いのは後ろに乗っている人間です。
命を預かっているということを忘れずに、とにかく安全運転をします。

 

 

タンデムシートに座る場合

上半身を密着させず、運転手の腰に軽く手を添えて座ります。
自分は大きな荷物になったつもりで、体を動かさずに大人しくします。
加速時にはバイクから振り落とされやすいので、しっかり腰をつかみ
グラブバーがあれば常に片手は握っておきます。
そしてできるだけ運転手の呼吸にあわせ
常に車体の中心に体重を預けて乗りましょう。
自分で勝手に体を傾けたり、恐がって曲がり角で上体を立てたりするのは
運転がしにくくなるので辞めましょう

 

 

バイクに詳しくない人を乗せる場合

バイクに詳しくない人を後ろに乗せる場合には
難しい説明をしても、出来ないことが多いです。
両手を運転手のヘソのあたりで組ませて
体を密着させてもらいましょう。
2人分の体重を支えることになるので疲れますが
下手に動かれて車体が不安定になるよりは安定して走行できます。