バイク雨の日走行のコツ

 

 

 

 

雨天走行はペースを落として急激な操作を避ける

雨の日にバイクを走らせるなんて、体はぬれるし、滑りやすいし
視界は悪くなるし、良いことなんか一つもない。
だから雨の日はバイクには乗らない。

 

 

そうは思っていても急に雨が降ってきたり
どうしてもバイクで出掛けなければならないときがあると思います。
雨の日の走り方は、基本的に晴れている日と大きく変わりません。

 

 

大事なのは、基本に徹底的に忠実であることです。
そして全ての動作をスムーズに行ってください。
ブレーキは急にかけたりせずに、徐々にかける。
スロットルも急に開けずに、じわじわと開ける。

 

 

全ての動作がスムーズであれば、タイヤに急激なショックがかかることもありません。
そうすれば、雨でバイクが滑ることなく安定して走行をすることができるのです。
逆にスピードは抑えていても、動作がスムーズでなければ
タイヤにショックがかかり、スリップしてバイクが転倒してしまう危険性が高くなります。

 

 

変な癖がついたまま、力で捻じ伏せるようにしてバイクに乗っている人は
こういうときにハンドルを取られて転倒してしまうのです。
晴れている日から基本を抑えた走り方をしている人は
雨の日だからと恐がる必要はありません。

 

 

ただし、マンホールや工事中の道路にある鉄板などは要注意です。
こういったところは出来るだけ避け、避けられない場合には慎重に走行します。
その付近でバイク操作をするのは危険なので、スムーズに惰性で通過してください。

 

 

また深い水溜りに入ってしまうと、コントロールが不能になることがあります。
水溜りは道路の端にできやすいので
雨の日はできるだけ車線の中心を走行します。
ヘルメットは水滴で曇ったりしないように日頃から曇り止めを塗っておくと安心です。