バイク市街地走行のコツ

 

 

 

 

制限速度にとらわれず車の流れに合わせて走るのが一番安全

いざバイクに乗って走り出してしまえば
いちいちバイクに乗るときのコツなどを確認することはできません。
いつブレーキングをするか、どこでスロットルをあけるのか?
スピードはどのくらい出すのか?
などなど、全ての事を自分で判断して決めなくてはいけません。
バイクに乗りながら、誰かに相談したり判断をしてもらうことはできません。

 

 

しかし道路上には車は走っているし、歩行者はいるし
同じようにバイク乗りもいます。
自転車を漕いでいる人もいるでしょう。

 

 

自分で全て判断しなくてはいけませんが
自分勝手な判断を繰り返していると周囲に迷惑をかけるだけではなく
大変危険な乗り方になってしまいます。

 

 

まず市街地を走行する上で、最も大事なのが
車の流れにのることです。
もちろん交通規則を守ることは大事ですが、全てを完璧に実行しようとすると
危険な場合もあります。

 

 

大事なのは周辺の車のペースを乱さないことです。
道路の真ん中を堂々と走って、車1台分のスペースを確保しましょう。
このとき、前後の車の動きを常に読みましょう。
漫然と前ばかり、見て運転せずに、前の車の様子、後ろの車の様子を
常時確認しながら走行します。

 

 

キープレフトに徹する必要はありません。
逆に中途半端にスペースが開いていると、強引に後方車が入ってきてしまい危険です。

 

 

色々な運転手、バイク、車が走行する市街地。
流されることなく、しっかり流れに乗って安全で迷惑の掛からない運転をこころがけましょう。

 

 

 

 

あなたが流れにのって走っていてもバイクを邪魔だと思うドライバーもいます

市街地でバイクを運転するとき、常に周囲は「敵」だと思ってください。
「敵」と言っても、あなたに切りつけてきたり、殴りかかってくることはありません。
しかし全員が安全でマナーのよい運転をするとは限りません。
中にはウインカーを出さずに急に進路変更する車。
いきなりブレーキをかける車。
どけどけ!と後ろからピッタリ張り付いて煽ってくる車もあります。

 

 

いつ何時、こういう車が現れても慌てず確実に対処できるように
油断しない走行が重要なのです。
もし油断しているときに、こういう車に遭遇してしまえば
大切な愛車はその場でジャンクに。
そしてあなた自身の命の保証もできなくなってしまいます。

 

 

割り込まれない程度の車間距離をキープし、
乱暴な車が来たときには左右どちらにでも逃げれる位置での走行をしましょう。
急停車にも対応できるように、常に指を1本、2本ブレーキレバーにかけておきます。

 

 

そして無謀な運転をしそうな車がいた場合には
距離をおいて走行しましょう。
どんな人が無謀な運転をするのか、それは慣れてくれば分かるようになります。
たとえば、暴走族丸出しの方だけではありません。
やたらキョロキョロしながら運転をしている人は
何か目的の建物などを探しているのかもしれません。
注意力が散漫になっているので、どんな動きをするか予測ができません。
ハンドルを抱え込んで必死の形相で運転しているオバチャン。
普段は全く運転しないペーパードライバーかもしれません。
老人には特に要注意です。
常にどんな人が道路上にいるのかを確認しながら運転しましょう。

 

 

また、相手の様子を伺うと同時に
自分がここにいるということを周囲に知らせることも大事です。
昼間でもヘッドライトは点灯させておき
相手に自分の存在を知らせるのは常識です。

あなたから車は見えていても車からはバイクが見えていないかも・・・

市街地をバイクで走行するときに、大原則として守らなくてはいけないのが
自分がそこを走っているということを他の車に認識させることです。
車の死角を走行していると、思わぬ事故に巻き込まれる可能性が高くなります。
自分の存在を知らせるためには、前の車のバックミラーに写る位置をキープすることが大切です。
後ろにバイクが走っていることに気付くと、運転手もやはり注意を払うからです。

 

 

そして自分でもバックミラー越しに前方を走る車がどんな運転手か確認しましょう。
こいつはヤバそうな人だなと思ったら、距離を開けるのが得策です。
人は見た目では判断できませんが、バイクを走行中は別です。
君子危うきに近寄らずを徹底しましょう。

 

 

白バイは車を追跡するとき、あえて死角になる場所を走行します。
これは気付かれずに追跡するためです。
通常のバイク走行でこれをすると大変危険です。

 

 

そして前の車から3台前くらいまでは
どんな走り方をしているかよく診ておきましょう。
無謀な運転をしていないか、わき見運転などをしていないか
常に気を配っておいてください。

 

 

また同時に自分がどうしたいのかという意志も周囲にはっきり伝えなくてはいけません。
これは相手のためだけではなく、自分の身を守るためでもあります。
そのためにはルールを守ることが大切なのです。

 

 

車線変更をするときには早めにウインカーを出します。
ウインカーを出さずに突然車線変更をするなど言語道断です。
他人が予測できないような無謀なライディングをしていると事故につながります。
事故を起こしてからでは遅いのです。
自分だけが怪我をするのであれば、まだマシです。
他人を巻き込んで事故を起こし、他人を傷つけてしまってからでは遅いのです。

 

 

 

 

バイクで公道を走ってみよう!市街地走行で気をつけること記事一覧

どんな状況、どんな道路を走行するにせよ、油断は禁物です。常に周囲の状況に気を配り、安全に走行できるよ...

市街地を走行するときに、安全に走行するためには流れを乱さないことです。そして流れに乗った運転をするの...

ワインディングロードとは、峠道のように曲がりくねった道をいいます。主に山間部などにつづら折れと坂道で...

雨の日にバイクを走らせるなんて、体はぬれるし、滑りやすいし視界は悪くなるし、良いことなんか一つもない...

免許を取って1年が経過すると、バイクは二人乗りができるようになります。さっそくタンデム・ツーリングに...

もしバイクが転倒してしまったら?事故を起こしてしまったり、転んでしまったりということはないほうが良い...

バイク好き、と一口に言っても、ほとんどの人がオンロード専門でオフロードを走行したことのないバイク乗り...