ライディングギアの選びかた

 

 

 

 

グローブとブーツの選び方 デザインよりフィット感を優先する

グローブとブーツの選び方ですが、これもヘルメットと同じタイミングで
購入することをオススメします。
そしてヘルメットと同じように安全性とフィット感を重視しましょう。
そして操作性に優れたものを選ばなければなりません。
まず、ライディング・ギアは走行と転倒したときを想定します、
操作する際にはハンドルを握ったりギアチェンジする際に違和感が無いか、
スムーズな操作ができることが重要です。
そして、転倒時には一番最初に手と足が地面に接触する確立が高いため、
ダメージに強いものを選びましょう。
人は転倒したときに体の中心や頭を守ろうとし、手足を出してすべるのを
止めようと無意識に動いてしまいます。

 

 

ただ、安全性を重要視しすぎるとフィット感が足らなかったりしますので、
安全性を重視しつつもフィット感を確かめましょう。
グローブの場合は、指がよく動くもの
ブーツの場合は、足首が楽に動くものが基本です。

 

 

オンロード用、モトクロス用、トライアル用がありますので、
自らの走行に応じて購入しましょう。
間違ってもスキー用の手袋やスニーカーなどで代用することはやめましょう。
実際に装着し機能性、フィット感などを確かめてから購入し、
あわない部分が少しでもある場合は買い替えするなど費用を惜しんではいけません。

 

 

 

 

ジャケットとラフロードウェアの選び方 機能性、フィット感、安全性をチェックする

革ツナギは非常に安全性が高く、ツーリングには適していますが
夏の暑さには向いていない装備であることは否めません。
しかも街中を少し走るだけで革ツナギというわけにもいきません。
そんなときに重宝するのがジャケットです。
革ツナギと違い、手軽に着ることが出来ます。
ジャケットを選ぶときのポイントは、風が入らないように出来ることです。
バイクに乗ればわかりますが風をもろに受けることになりますから、
ジャケットがひらひらしていては事故の元になります。
ですから、風を通さない目の詰んだ生地であることと
適度な厚みがありポケットが沢山ついているものです。
そして襟元から風が入らないようにボタンで止められるものがいいでしょう。

 

 

オンロードであれば上記のようにジャケットで代用できますが、
ラフロードになれば話は別です。
ラフロードを走る場合はオンロードよりも運動量が多くなりますから、
動きやすさと安全性のバランスが取れたものが大事です。
革ツナギでは夏の暑さに耐えることができませんので、
メッシュ生地になっているもので肘と肩にバッドが入っているものを選んでください。
体にフィットし、動きやすいものがいいでしょう。
冬場の走行ではメッシュ生地だと熱も一緒に逃げてしまいますので、
ウィンドブレーカーも必要になります。
このように革ツナギは万能ではありませんから、それを補う装備を
準備しておくとバイクを楽しく乗ることができます。

革ツナギの選び方 命を守るウエアとしてはこれ以上のものはない

革ツナギはバイク走行時の安全性を一気に向上させる装備です。
肩、腕、胸、腹、膝など体の各部を満遍なく防護してくれます。
ただ、必ずしも革ツナギが必要な装備というわけではありません、
普段のチョイ乗りでは不要になりますし何よりも防護する面以外の
実用性がかなり低いものです。
それにも拘らず、値段はそれなりにしますしヘルメットやグローブなどに
比べると高価なものです。
しかも夏場は非常に暑くなりますので革ツナギを購入するのであれば、
その前にヘルメットやグローブ、ブーツを優先して購入しましょう。
その上で革ツナギが必要だと判断した場合は、以下のポイントで選びましょう。

 

 

1.用途をはっきりさせよう
レース用なのかツーリング用なのかで作りが違って来ます。

 

2.試着し乗車姿勢でのフィット感を確認する。
普段乗車する姿勢をとってみることで無断に力の加わっている部分がないかを
確かめることができます。
特に腕周りと腰周りを入念に確認しましょう。

 

3.パッドの装着部位
肩、腕、腰、膝などの重要部位にパッドが装着されているか確認しよう。

 

4.全身のフィット感を確かめる。
できればヘルメット、グローブ、ブーツを装備した上でのフィット感を
確かめたほうがいいでしょう。

 

 

このように革ツナギは機能性とフィット感を重要視して選ぶようにしてください。

レインウェアの選び方 防水性能をチャック

雨の日にバイクに乗るのは出来れば避けたいものです。
しかし、どうしても乗らなければならないときもありますよね。
少しぐらいの雨であればレインウェアを着るほどではないこともありますが、
本格的な雨の中を普段着でバイクに乗るのは避けましょう。
何よりも体力を消耗してしまいますし、疲れて事故を起こす可能性もあります。
そういった場合に必要になるのがレインウェアです。
レインウェアの目的は雨から体が冷えるのを防止する効果と、
周りからの視認性を上げるためです。
雨の日は視認性が落ちるため、蛍光系のレインウェアがいいでしょう。

 

 

レインウェアには高価なものと安価なものがあります。
安価なものはナイロン素材で完全防水ではなく、長時間のライディングで水が内側に染み出てきたりすることも。
高価なものはゴアテックスと呼ばれる素材のものが多く、雨が全く侵入してきません。

 

あとは雨水が入らないようにブーツカバーやグローブカバーもあわせて購入しましょう。
グローブやブーツが濡れてしまうと気持ち悪くなってしまいますし、
運転に集中できないというデメリットもあります。
そして重要なのは1着だけ買わないことです。
高価なものであれば何着も購入することは難しいでしょうから、
高価なものと安価なものを各1着購入すべきです。
それは梅雨時期などで連日の雨となった場合でも替えができるからです。
いずれにしても、レインウェアなしで雨の日のバイクを運転するのは、
非常にリスクが高くなりますので絶対に避けましょう。

ウィンターウェアの選び方 これがないと冬のバイクは乗れません

バイクの運転は季節を選びません。
春夏秋冬どんな季節でもバイクを運転する目的は変わりませんし、
必要であれば暑い夏でも寒い冬でも乗りますよね。
夏であれば薄手にするなどで対策がとれますが、
冬のライディングとなれば話は別物です。
単純に厚着をすればよいというわけではありません。
どんなに厚着をしていても風が隙間から入ってくるようであれば、
何の意味もありません。体が中から冷えてしまいます。
そこで一番いいのが防寒ウェアです、防寒ウェアであれば
風を通さない構造になっていて熱を逃がしません。
ツナギ型であれば便利かもしれませんが、上下別でも問題はありません。
ジャンバーとオーバーパンツの組み合わせが最適でしょう。
いずれもスキー用のもので問題ありませんが、運動性能も重視しましょう。

 

 

間違っても革ジャンを選ばないようにしましょう、
よく革ジャンを着て走っている人を見かけますが、あれは寒くて意味がありません。

 

 

また、防寒用グローブも重要です。
指先が冷え切ってしまっては運転ミスをしてしまうかもしれません。
ただ、指を圧迫するようなものは避けましょう。
見た目を気にしないのであれば、ハンドルカバーが一番の防寒になります。
他にはナックルカバーなどもあり非常に重宝するアイテムです。

 

 

このようにしっかりとした防寒対策をすれば、寒い真冬であっても
楽しくバイクに乗ることができます。
バイクは便利な乗り物ですが、装備をしっかりしなければ
リスクだけが残ってしまい楽しい乗り物ではなくなってしまいます。
しっかりと準備をして運転に臨んでください。

ライディング・ギアのお手入れ

様々なライディングギアを紹介してきましたが、これらの装備は十分な手入れをしなければ
あっという間に劣化しカビが生えるなどして使い物にならなくなります。
ヘルメット、グローブ、ブーツ、革ツナギなどバイクと同じように大事に扱い、
手入れをすることで長持ちします。

 

 

革製品の手入れ
使用後はハンガーにかけるなどして陰干ししましょう。
ファスナーんついている部分は全て空けた状態にします。
よく陰干ししたあとは、保革油を塗りこんで乾燥を防ぎます。
ブーツは型崩れを防ぎ、グローブは柔軟性を保つようにします。

 

 

ヘルメットの手入れ
バイクはどうしても塗装に傷がついたりします。
こけたりしなくても知らない間に傷が付きますから、
それらは自動車用に販売されてるタッチアップペイントで修復可能です。
乾燥したあとはコンパウンドで盛り上がり部分を修正しましょう。

 

 

レインウェアの手入れ
レインウェアも革製品と同じようにしっかりと乾燥させる必要があります。
仮に浸水している部分があれば縫い目補修剤を防水テープ部分の
左右と表裏から塗りこみましょう。そうすることで防水機能が改善します。
満遍なく塗りこむことが重要です。
あとは防水スプレーを外から吹き付けることで仕上げができます。

 

 

このようにライディングギアは水分による劣化を防ぐことが、一番重要になります。
これを怠ることが劣化に繋がることを認識しましょう。
お金が湯水のようにある!ということであれば別かもしれませんが、
バイクと同じように装備品にも愛情を注ぐようにしましょう。