バイクの選びかた

 

 

 

 

最初に「あなたはバイクで何をしたいのか?」を考えてみてください

バイクに乗るためには、当たり前のことですがバイクがなければいけません。
これからバイクを買おうと思っている人の中には
もう「このバイクを買うんだ!」と決めている人もいるかもしれません。
憧れのバイクがあるかもしれません。
しかし、もっとも重要なことを忘れていないか今一度考えてみてください。

 

 

バイクは何のために乗るのか?
それは楽しむためです。
バイクを楽しむために、バイクに乗るのですから、バイクが楽しくなる車体でなければいけません。
楽しければ、それでいい。

 

 

シンプルイズベストです。
でも、実際に「楽しめるのか?」ということについて考えたことはあるでしょうか?

 

 

たとえば、カブでも日本一周をすることは可能です。
林道もなんとか走れるかもしれません。
でも、これが楽しいかというと、話は変ってくると思います。

 

 

たとえばレプリカと呼ばれるオンロード車。
これは汎用性の非常に低い車体です。
乗り心地もあまり良くないため、長距離移動には適していません。
二人乗りもしにくいです。
しかもベーシックなスポーツ車に比べて性能はそれほど良くないものが多いです。
見た目は良いのですが、実際に「楽しいのか?」と考えてみると
想像とは違った車体ということがあります。

 

 

オンロード車を購入すればラフロードは走りにくくなりますし
トライアル車では長距離移動が大変です。
バイクで何をしたいのか?
その目的に合った車輌を選択しましょう。

 

 

 

 

あなたにピッタリなのは2サイクル?4サイクル?

※注:現在日本国内で新車として購入できるのは4サイクルエンジンのみとなっています。
2サイクルエンジンのバイクにどうしても乗りたい人は、輸入車か中古車が選択肢となります。

 

バイクを選ぶ際に悩んだら、チェックしたいのが「エンジン」です。
エンジンには2サイクルと4サイクルの2種類があります。
どっちが優れているということもないのですが
それぞれにメリットデメリットがあるので好みに合わせて選ぶのが良いでしょう。

 

 

2サイクルは鋭い加速感が楽しめ、車重が軽めという特徴があります。
運動性能が高いので、スロットルをあけると強烈なトルクで一気に加速できます。
ただし、乗り手が下手糞だと本来の性能が十分に活かしきれないことがあります。
短時間にスピードを十分堪能したい!という人は2サイクルが良いでしょう。

 

 

対して4サイクルは燃費がよく、広い回転数に渡ってスムーズに回ってくれるので
扱いやすいバイクになります。
安全性能を重視した車体が多く、長時間走り続ける走行に向いています。
ツーリングに行きたい、二人乗りしたいという人4サイクルがオススメです。

 

 

またエンジンの気筒数もシングル、ツイン、マルチという種類があります。
シングルは回転数を上げにくく馬力としては振りです。
低回転ではギクシャクしやすい傾向があります。
しかしプラグ交換などメンテナンスを考えるとシングルはかなり優秀です。
4気筒のマルチは回転はスムーズですが400cc以下の場合は
トルクが薄い傾向にあり、スロットルの反応もシビアです。
ツインはシングルとマルチの間で、中間的な性格を持っています。

 

 

もちろんこれは全てに当てはまることではなく
そうした傾向があるという話ですから
車体車体によって性能は異なります。

 

 

どんな走りをしたいのか、どのくらいの技術があるのかなど
エンジンからバイクを選ぶというのもひとつの方法です。

排気量はどうする?高速道路も走りたいなら・・・

バイクを選ぶ時の判断材料となるのが排気量です。
50cc、125ccは高速道路を走れませんが車検がありません。
250ccは高速道路が走れて車検もありません。
400、750ccは高速道路が走れ、車検があります。

 

 

日常的な移動手段としてバイクを市街地で乗り回すのであれば
小排気量車がよいでしょう。
出力は小さいけれども、車体も小さくて軽いので小回りがきき燃費も良く取り回しが楽です。
反対に市街地を長距離移動をするなら、大排気量車が向いています。
出力に余裕があり、長距離を走るときも身体への負担が軽くすみます。
しかし車体が大きいのでバイクに不慣れな人が乗り回すのは難しいです。

 

 

バイク初心者の場合は、いきなり大型車というのはオススメできません。
なぜなら、大排気量車は出力が大きく重量も重たいので、なれるまでなかなか扱いが難しく、性能を使いきれないです。
せっかく立派なバイクを購入しても宝の持ち腐れになってしまう可能性が高いです。

 

 

おすすめは125ccです。
車体が軽く扱いやすいものが多く、維持費も安く済みます。
制限速度が50km/hなので、交通の流れに乗るだけのパワーもあります。
まず125ccでバイクの扱い方になれ、徐々に250cc、400cc、750ccとステップアップさせていきましょう。
この方法なら力に自身がない小柄な方でも乗りこなすことができるようになります。

 

 

購入する際にはマイナーなモデルがよいでしょう。
まずそれでエンジンのパワーを使いきることを覚え
身体でバイクをコントロールする方法を学びましょう。
好きなデザインじゃない、好きなメーカーじゃない。
と思うかもしれませんが、最初の1台は練習用と割り切ってはいかがでしょうか?

どこで買うのかも重要ですよね

バイク雑誌を見ていると、カッコイイデザインのバイクが沢山並んでいます。
憧れのバイク、どれを買おうかとても悩むはずです。
専門誌の広告やテスト記事を何時間も眺めて、どのバイクにするか考える。
情報を沢山あつめて、バイクの機能を分析する。

 

 

しかし、頭でっかちになってしまってはいけません。
いくらバイクが格好よくても、乗るのは自分です。
テクニックも自分のものだし、走るのも日本の公道です。
一度冷静になって、考えてみることも必要です。

 

 

たとえば馬力。
馬力があっても低速のないバイクは公道を走りにくいです。
燃費が悪すぎるバイク、荷物も詰めないバイクは実用性がありません。

 

 

購入したい1台が決まったら、まず実際に販売店に行き実車に触れてみましょう。
興奮する気持ちを抑えて冷静にじっくり観察してみましょう。

 

 

記事は色々な人が書いたものを読み比べてみましょう。
憧れの車体の場合、「ここがちょっと」という点にも目をつぶってしまいがちです。
しかし実際に乗ったときに「ここがちょっと」がとても引っかかることがあります。
ですから色々な人の乗った感想などを参考にしてみるのが役に立ちます。

 

 

最後に。
どのバイク屋さんで買うか、ですがメンテナンスを考えましょう。
自宅から離れすぎているのもよくありませんし、メンテナンスをきちんとしてくれないバイク販売業者は困ります。
命を預けるバイクですから、腕のいい整備士のいるバイク店で購入すると安心ですね。

中古車の賢い買い方

バイクを初めて買うときに、中古車を選ぶ人も多いです。
どうせ転んだり、擦ったり、傷つけてしまうものなら最初から安い中古で十分。
慣れてバイクに乗りこなせるようになってから、憧れのバイクに乗ろう。
これはとても合理的な考えです。
バイクになれていない人が自分に合うバイクを選ぶのも難しいので
安いバイクに沢山乗ってみて、その上で自分に合う最高の1台を選ぶのも良いでしょう。

 

 

しかし初心者だからこそ、間違った中古車選びで大失敗ということにならないように、
きちんとよい中古車を選んで買わなければいけません。
ただでさえ運転技術が劣っている初心者がワケありの中古車を乗りこなせるわけはないからです。
それに変に癖のあるバイクに乗ってなれてしまうと、変なライディングテクニックが身に付いてしまい
矯正がとても大変になってしまうので要注意です。

 

 

まずチェックしたいのが事故車、転倒車は避けるということ。
手放し運転でまっすぐ走れないバイク、古いバイクなのに、一部だけ新しい、ハンドルを切ってみて引っ掛かりがある。
こうしたバイクはさけましょう。

 

 

しかしながら、中古車で完璧なコンディションということはありえません。
どんなに店員が完璧だと念押ししたとしても話半分がいいところ。
ある程度の妥協は仕方ないといえるでしょう。

 

 

中古車であっても、とりあえず○○万円以下のものという買い方ではなく
このバイクに乗りたいと探すべきです。
そうしなければ掘り出し物には出会えません。

 

 

考慮したいのが購入後の部品交換代です。
車体価格が安くても、あちこち部品交換が必要になるトータルで高くなることもあります。
場合よっては数万円足して新車を買ったほうが長い目で見て安全でお得ということもあります。
冷静に検討してください。

 

 

 

 

【バイクライフを楽しもう】バイクを買いたい。バイクの選びかた記事一覧

バイクを買ったらまず、何をするか。やっと手に入れたバイク。今すぐにでも走りたい気持ちはよく分かります...

バイクは自動車と決定的に違うのが、全身がむき出しだということです。4輪の自動車であれば普通の服装でも...

グローブとブーツの選び方ですが、これもヘルメットと同じタイミングで購入することをオススメします。そし...

せっかくバイクに乗っているのであればツーリングを計画してみてはどうでしょうか?ツーリングというと大げ...